So-net無料ブログ作成

12月10日、月市川 [宝塚]

2017-12-17T07:52:38.jpg



月組の全国ツアー「鳳凰伝」「CRYSTAL TAKARADUKA」を観てきました。

たまきちがトップと決まった時に「久々の骨太の男役誕生」って思いましたが、
正に太陽のような明るさと暖かさを持つ豪快な王子様でありました。

ちゃぴのトゥーランドット姫は、強さや残忍さより彼女の弱さ・彼女が奥深く秘めた哀しを
一気に爆発させる所が、さすがだなあ・・・と思いました。

そして、やはり話題の海ちゃんのタルマ。
鳳凰伝にはもう一人主要な娘役としてアデルマというお姫様が出てきますが、
このお姫様も哀しい女性です。
唯一タルマだけが自分の力で幸せになる。
でもこの幸せのへの道のりが悲しすぎて、涙ポロポロでした。
海ちゃんの熱演、やはりカラフへの思いを一気に吐露する所が秀逸でした。

後は、中国皇帝を演じたゆうま君。
威厳と風格のある中国皇帝で、鳳凰伝の中の文鎮のような役割をしていたと思います。
こういう人がいるとお芝居に浮つきがなくなって、安心できます。
今すぐ専科に行って、全組回ってほしい。

ショーは、全ツとは思えないほど色んな場面があり
全ツならではの色んな生徒さんの見せ場があって楽しかったです。
今回は奇跡的に通路側のお席で、ちゃぴがハイタッチしてくれて嬉しかった!




初演の鳳凰伝は、そろそろ宙組長期政権のひづみみたいのが出てきて、
話題作の割には個人的に楽しめなかった思い出が・・・
ただコーラスにすごく力を入れていて、
これ以降「コーラスの宙組」と言われるようになった記憶があります。
そんな宙組も20周年。早いなあ・・・あれから20年かあ・・・
感慨深いものがあります。


以上






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

メッセージを送る